TOP >> 国民年金基金について >> 財政方式
このページを印刷する

財政方式

賦課方式と積立方式

賦課方式

 「賦課方式」とは、その年度の被保険者や加入者である“現役世代”の保険料や掛金で受給者の年金給付を全額賄っていく方式です。
 この考え方は、社会保障制度の基本となるもので、国民年金の基礎年金部分、旧農業者年金などの年金制度に採用されている方式です。
 この賦課方式は、その年度の収入(保険料等)で支出(年金給付等)を賄えばよく、運用環境等の情勢にはあまり影響されませんが、少子・高齢化といった世代間の人数比の変動には大きく影響されます。

積立方式

 「積立方式」とは、保険料や掛金を積み立て、それを財源として将来の年金給付を賄っていく方式です。
 これは、国民年金基金を初め、新農業者年金や企業年金、JA共済や生保等の個人年金に採用されている方式です。
 この積立方式は、予想される利回り(予定利率)や平均余命(予定死亡率)などをもとに保険料や掛金が設定されており、特に運用利回りの変動(悪化)に対しては大きな影響を受けますが、少子・高齢化といった人口構成の変動にはあまり影響は受けません。
 将来に向けて積み立てる積立金を「責任準備金」と言いますが、予定利率どおりに積み立てている理論上の積立金です。(実際の運用結果で得られた評価額は「資産」です)

国民年金基金は、払い込んだ掛金を将来の年金に充てる「積立方式」です。

(注)上図はイメージです。実際の積立金とはやや異なります。